シャブリ グラン クリュ クロ デ ゾスピス ダン レ クロ 2016 クリスチャン モロー 白ワイン 激安大特価,人気 ——12,300円



INFORMATION
NameChablis Grand Cru Les Clos Clos des Hospices dans Les Clos Domaine Christian Moreau Pere et Fils
ブドウ品種シャルドネ
生産者名クリスチャン・モロー
産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/レ・クロ/クロ・デ・ゾスピス
RegionFrance/Bourgogne/Chablis/Les Clos/Clos De Hospices
内容量750ml
WA(92 - 94)/Issue 1st Sep 2017
WS−/Issue −

新生クリスチャン・モロー!
今、シャブリを知るに
必ず知っておくべき造り手!!

長い歴史の中、造り手達は時に、思いもよらない運命のいたずらに出会う事があります。
その事を転機にして、今、再び、その名声を取り戻しつつ、新たなスタイルを築きあげたのが、今回ご紹介する、シャブリのクリスチャン・モローです!


■■ 『ワイナート誌56号』より抜粋 ■■
クリスチャン・モローは2001年12月に誕生した新興ドメーヌである、と、言うと、不思議に思う人がいるかもしれない。
大きな目と恰幅のよい体格のクリスチャン・モローは、シャブリの名士として日本でも昔からお馴染み人物だからだ。ただし、彼が運営していたメゾンの名は、クリスチャン・モローではなくジャン・モローである。
ジャン・モローは1814年から続くシャブリの大手ネゴシアンであり、1904年にレ・クロの中の銘譲区画クロ・デ・ゾスピスを手に入れた。
ところがメゾンは97年、ニュイのボワゼ・グループに買収されてしまう。
互いの方針に違いを見たクリスチャンはクロ・デ・ゾスピスを含めたモロー家所有の畑を引き上げようとする。
がしかし、これにはボワゼ側も簡単には応じなかった。
結局、01年までブドウを提供し、その契約が切れてようやく新ドメーヌの創設にこぎつけたのだ。
折しもその年にはクリスチャンの息子、ファビアンがシャブリに戻ってきた。


息子ファビアンの手腕により、父の代とスタイルを変えつつも、再び、シャブリでその存在感を増す、クリスチャン・モロー。
今回、『ワイナート誌』が巻頭特集の中で、ドーヴィサと、ラヴノーの間に、クリスチャン・モローを挟み掲載!
しかも…
4ページにもわたって掲載したのは、クリスチャン・モローと、ドーヴィサだけという事も、いかに新生クリスチャン・モローに注目しているかがひしひしと伺えます。
クロ・デ・ゾスピスなど、シャブリにおいても重要な畑を所有する彼らは、今、シャブリを知るに、必ず知っておくべき造り手と言えるのではないでしょうか。
新生クリスチャン・モローから、目が離せません!