ハリオ HARIO セラミック コーヒーミル ウッド MCW-2-OV 2019,得価 ——6,700円


セラミック製ホッパーにオリーブウッドの粉受けを組み合わせたナチュラル感漂うコーヒーミルです。

□サイズ/幅 167 × 奥行 85 × 高 215mm
□容量/コーヒー粉 30g
□材質/ホッパーカバー・臼:セラミック
フタ・シャフト・スプリング・ハンドル:ステンレス
ホッパー:ポリプロピレン
臼座・調節ツマミ・ワッシャー:ナイロン
フタパッキン・上パッキン・下パッキン:シリコーンゴム
本体・ハンドルツマミ:オリーブウッド



機能も、使い勝手も秀逸。
コーヒーのフレーバーを存分に引き出すには、挽きたての豆を使うことが不可欠。そして、ミルは、手回しのものが特におすすめなんです。
その理由は、歯と臼が擦れる原始的な構造だからこそ、粉の粒度が一定に保たれること、そして、電動ミルにありがちな微粉末が出にくいこと。文字にすると、ちょっと難しいけど、コーヒーを淹れてみたら一目瞭然!手回しミルのクリアな味わいに、驚きます。
特に、繊細なテロワールを楽しんで頂きたい、タカムラのスペシャルティコーヒーには、これじゃなきゃ!という感じ。でも、「ミルって、時間と手間がかかりそう…」なんて、ちょっとハードル高いイメージかも。
確かに、少し、時間はかかります。でも、それはきっと、いい感じの時間。朝起きて、まだ、ぼーっとする頭で、やかんを火にかけてから、コーヒー豆をミルに入れます。ゴリ、ゴリ、ゴリ。何とも言えない香りを感じながら、再び、ゴリ、ゴリ、ゴリ、ゴリ。お湯が沸く頃、二人分なら、全部、挽けているはず。
HARIO ミル