バルバレスコ 1966 フォンタナフレッダ 赤ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S 100%新品,定番人気 ——14,500円


■商品の状態について■
経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。
状態もそれぞれ差がございます。
※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。

<

INFORMATION
NameBarbaresco Fontanafredda
ブドウ品種ネッビオーロ
生産者名フォンタナフレッダ
産地イタリア/ピエモンテ/バローロ
RegionItaly/Piemonte/Barolo
内容量750ml
WA−/Issue −
WS−/Issue −

手頃で美味しいバローロは、お見逃しなく!

つい先日のお話しです。その日は、友人とイタリアンを食べに行く予定でした。
『1本、ワイン持って来て。』
とメールが入ったその時、既に、あと30分程でお店を出なければいけない時間でした。
『う〜ん、何、持って行こう。あっ、この前から、これ、飲みたかったし、これにしよう!!』
と、私がちょっと迷った末、選んだのは、フォンタナフレッダのバローロ セッラルンガ97。
ちょっと若いかなとも思いましたが、最近、バローロを飲む機会が無かったのと、97年ヴィンテージも気になっていたので、結局これに決めました。
その日、スプマンテ、白と進み、最後にこのバローロを開けました。
折角なので、お店の方にも1杯。
『美味しいですね。デキャンタした方が良いですかね。う〜ん、でも、しなくっても、もう美味しいですね。ご希望だったらしますから、言って下さいね。』
そうなんです。
お店の方も仰ったように、97のバローロですので、確かに、まだ若いです
でも、この、フォンタナフレッダのバローロ セッラルンガ、今飲んでも、充分美味しいですし、この先、楽しみなバローロでした。
バローロなりの強さはあるのに、全体の調和がとてもよく取れているので、口の中で、パワフルなのに、不思議にスッと飲めるのです。
結局、その日は、デキャンタせずに、グラスの中で変化を楽しみながら飲みました。その日食べた、お肉のグリルとも、良く合って、友人も、満足度大でした。
『これは、この先、かなり長いこと、変化が楽しめそう。』そう思って、ワイン・アドヴォケイトを見た、何とっ、92+点っ!!

おまけに、この、97年からのフォンタナフレッダを、
『再び、輝きを取り戻した。ピエモンテの超ビック・ニュース!!』
と、パーカー氏が、絶賛しています。
──────────────────────────────────
■■ ワイン評論家に絶賛されました! ■■
──────────────────────────────────

ピエモンテ・ワインをテイスティングした中で、私を驚かせてくれたのは、輝きを放
つ、フォンタナフレッダのワインだ。その驚きは、97年だけでなく、98、99も
同様の驚きだった。

ピエモンテのワインの造り手で、最大手のひとつ、フォンタナフレッダ。

60年代後半から、私は、フォンタナフレッダのワインを買い始めた。2000年の
クリスマス・イブには、71年の素晴らしいバローロのいくつかを堪能した。70年
代後半と80年代、フォンタナフレッダは安定しない時期が続き、それは、そのまま
90年代にまで続いた。

しかし、この、素晴らしい造り手が、97年から、再び栄光を取り戻し、続く98、
99も素晴らしいワインを造っているのは、ピエモンテの超ビックニュースだ。
(『ワイン・アドヴォケイト135号』より抜粋)

──────────────────────────────────
※輝きを取り戻した、新生フォンタナフレッダ。要チェックです。