ランサガ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 本物保証 ——3,400円


1級に選ばれました!
ティム・アトキンMWが選ぶ、『リオハ格付け』で、1級に選ばれた、テルモ・ロドリゲスのボデガス・ランサガ。
なんとこのたび、そのテルモ・ロドリゲスと相棒のパブロ・エグスキサが、ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝きました!
スペイン・ワインの魅力、リオハの魅力を常に追求し続けて来た、彼らの受賞には誰もが賞賛を贈っているに違いありません。
そんな、リオハ屈指の実力派かつ、時代をリードする二人が手掛けているリオハ・ワインが、ランサガです。
リオハの老舗ワイナリー、レメリュリを実家に持つテルモにとって、自らがリオハで醸すランサガには、特別な思い入れがある事は間違いありません。
価格的にも安定しているリオハの上質なワインは、ワイン好きが注目するに値する地域ではないでしょうか。
ならば、まずはこの1本からお試し下さい!
■『Wine Report』より抜粋■
英国のティム・アトキンMWが、スペイン・リオハの優良生産者を格付けした2019年のリオハ格付けを含む「リオハ 2019 スペシャル・レポート」を発表した。
2週間にわたる現地リサーチで、100を超す生産者を訪問し、ロンドンでも試飲し、計1100以上のワインに得点をつけた。今回で4回目。681ワインが90点以上を獲得し、102ワインが95点以上、4ワインが98点以上を得た。リオハの向上を物語っている。
ランシエゴのボデガ・ランサガのテルモ・ロドリゲスとパブロ・エグスキサが、
ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。
■『WINWE REPORT』より抜粋■
スペイン・リオハの最良生産者を格付けした『2017年 リオハ格付け』を含む『リオハ 2017 スペシャル・レポート』を、英国のティム・アトキンMWが発表した。
格付けは2015年版に続く第二弾で、3週間にわたって550生産者を試飲した現地取材と30年間にわたる経験に基づいている。
ボルドー1855年の格付けにならって、1−5級とクリュ・ブルジョワを選んでいる。アルトゥケ、ボデガ・ランサガ、コンティノ、ロダ、マルケス・デ・リスカルが1級に昇格した。
『一人で飲めます』 かりんのぱぱ4639様
私自身は下戸で飲めません。
友人のために購入しました。
口当たりが良く、一人で一本あけちゃった。との事です。

■ワイン名(原語)Lanzaga Vinedos Telmo Rodriguez
■ブドウ品種テンプラニーリョ/ガルナッチャ/グラシアーノ
■生産者名テルモ・ロドリゲス
■産地スペイン/リオハ
■内容量750ml